よくある質問

一般的な質問

通常は、 167ホイール の場合、注文ご入金いただきましてから、14~20日で配送いたします。その他の商品の場合注文ご入金いただきましてから3~7日で配送いたします。年末年始、GW、お盆の時期は,14日~30日で配送いたします。

但し、コロナ感染対策の影響下でホイールを始め一部の商品の納期は30〜45日を頂いております。具体的にはお手数ですが、imeZiまでお問い合わせください。

プロジェクト 167ホイール の保証期間はお買い上げの年月日から2年間です。

その他のimeZi 製品の保証期間はお買い上げの年月日から原則7日間です。

ホイールの場合、材料の不良や製造上の欠陥が認められた場合に限り保証制度がございます。もしもお買い上げいただいた商品に不具合が発生した場合は速やかに[email protected]までご連絡ください。お電話でのご相談は行っておりませんのでご了承ください。

imeZiは直営オンラインショップ、アマゾンにも出店しておりますが、下記の取扱代理店で、購入前のテストライドや購入後のサポートを行っております。またお客様に安心して当サイトからご購入いただけるよう、カスタマーサポートを充実させていただいております。お確かめ頂ける店舗は下記の公認販売店一覧よりお探しください。公認代理店

プロジェクト 167ホイール セットに関する質問

申し訳ありませんが、ハブの種類に限りがあり、変更はできません。

カーボンホイールimeZiプロジェクト167には、imeZiオリジナルハブIM-250、DTスイスDT350、DT240がありますか?ハブですが、前輪が20、後輪が24であるため、前輪スポークの数は20で、後輪スポークの数は24に制限されています。さらに、DT SwissのDT350ディスクブレーキハブには、前輪用に24個の穴があります、後輪用の24穴と前輪用の24穴、および後輪用の28穴。したがって、前輪スポークの数は24に制限され、後輪スポークの数は24と28に制限されます。

色違いのスポーク、ニップル、ハブは原則として取り扱っておりません。

あなたのスキュアは古いタイプのスキュアですか? imeZiでは、すべてのホイールは現在のスキュアを使用して組み立てられます。その時点で問題があれば、同時に解決いたします。

現在の新しいスタイルのスキュアの最大直径は5mmで、古いShimanoスタイルの直径は5.1mmです。両端と内側で直径のサイズが異なる古いタイプのスキュアもあります。

新しいスタイルのスキュアを購入する必要があります。

このプロジェクト167カーボンホイールはかなり硬く、頑丈に設計されているため、体重100 kgの人でも使用できます。特に重量制限はありません。

ただし、自転車の使い方や使用頻度によって異なります。

たとえば、あなたが毎日非常に激しく強力なサイクリストである場合、imeZiホイールセットの中でアップグレードされたProject 167ホイールセットをお勧めします。

残念ながら、子供用サイズのホイールは扱っていません。 700C互換のホイールサイズのみが利用可能です。

まず、imeZi製品の透明性優れたパフォーマンスと高品質。

次に、お気に入りの自転車をよりファッショナブルに見せるためのステッカーの色。

第三に、製品がお客様に到着した日から2年間の保証が付いています。

以上3点がimeZiホイールの製品としてのメリットです。

imeZiのホイール製品を購入すると、ブレーキパッドが付属します。準備が必要なパーツは、クイックリリースレバー、クリンチャー用ナイロンリムフラップテープ、インナーチューブ、タイヤ、リアカセットです。専用工具をお持ちのお客様は、カセットを中古ホイールから新品ホイールに交換することがよくあります。最寄りの自転車店で交換することもできます。


デカール(ステッカー)デカールのカスタムオーダーを注文しました。ない。申し訳ありません。 imeZiのProject 167ホイール「167」デカールは、黒、白、オレンジ、赤、紫、緑、茶色、青、金、ping、CH2緑で利用できます。

申し訳ありません。現在、黒いニップルとスポークしかありません。

確かに、以前のカーボンホイールにはそのような問題がありました。長い下り坂で強力なブレーキをかけ続けると、摩擦により接触領域の温度が上昇し、炭素繊維の問題が発生しました。このような問題のあるホイールは、リムの限界状態になり、ブレーキパッドの表面を溶かしてリムを損傷する可能性があります。

imeZiでは、ホイール製造の最新技術を駆使し、特にブレーキパッドの表面とその機能性を厳しく検査しています。

* ImeZiには、ブレーキ性能と耐熱性を向上させる3つのテクノロジーが組み込まれています。

テクノロジー1
imeZiは、すべてのリムのブレーキ面にDura Heat-R™カーボンを使用しています。それは二重の技術で構成されています。一つ目は、カーボンに使用されている樹脂が耐熱効果があり、ブレーキによるダメージがなく、高温の熱にも強い耐久性の高いリムです。

テクノロジー2
熱伝導ファイバーがカーボンに組み込まれており、「ホットスポット」を検出して熱を拡散するため、リムを損傷することなく、強く、比較的長くブレーキをかけることができます。

テクノロジー3

imeZiブレーキパッドは、湿った状態と乾いた状態の両方で優れたブレーキ性能を誇ります。もちろん、imeZiホイールには他社製のブレーキパッドも使用できますがあまりお勧めはしていません。

またimeZiブレーキパッドメーカーは、「Digital Test Lab」でブレーキ表面の性能テストを実施しています。開発プロセス中のこのようなテストは重要なポイントであり、imeZiホイールの優れたパフォーマンスにも貢献します。 「デジタルテストラボ」では、車輪の走行速度を30 km / hに加速した後、急ブレーキをかけ、車両が停止するまでのパフォーマンスを「減速、車両が完全に停止する位置までの距離、最も重要なのは、リムの常温・最高温度を「平均値」など7分野で研究しています。このような日々の研究を繰り返すことで、重負荷時のブレーキ性能やホイールの耐久性を向上させ続けています。

申し訳ありませんが、imeZiのハブはNovatecのハブではありません。もしNovatecのハブをお求めの場合はご連絡ください。

現在、以下のハブを採用しています。

imeZi IM-250ハブ クラシック(Jベンド) 黒色・赤色・チタン色
DT Swissのハブストレートプル

DT Swiss DT350ハブ ストレートプル リムブレーキロード

DT Swiss DT350ハブ ストレートプル ディスクブレーキロード

DT Swiss DT240ハブ ストレートプル リムブレーキロード

DT Swiss DT240ハブ ストレートプル ディスクブレーキロード 等。

imeZiホイールはフルカーボンクリンチャーホイールとしてのみ販売されています。申し訳ありません。

現在は、700Cサイズ以外にグラベルロード用650Bのサイズのホイール製品をご提供しています。

imeZiホイールは以下の店舗でテストできます。

取扱店

あなたの最寄りのお店へ問い合わせてください。

一部のホイールセットを除いて、すべてチューブレスレディ対応のホイールですので、チューブレスタイヤをマウントできます。

しかし、”TLR”表記のないホイール商品名のホイール、

プロジェクト167エアロクリンチャーカーボンホイール/IM-250

プロジェクト167エアロクリンチャーカーボンホイール/DT350

これらは23.4x55mmクリンチャーチューブのみのリムブレーキホイールセットは、チューブレスではありません。

imeZiステッカーには、ハブの色に関係なく、通常「167白」のステッカーがあります。

ただし、167の黒いステッカーもあるので、最初に黒いステッカーが付いた167のホイールを提案します。

黒のシールが不要の場合は、シールなしでもお届けできますので、個別にお問い合わせください。

ブレーキとパッドに関する質問

下り坂ではカーボンホイールは役に立たないといわれていましたが、下り坂での走行に注意を払えばほとんど問題ありません。

10〜20秒間しっかりとブレーキをかけ、10〜20秒間放します。パルスブレーキが最適であり、均一な圧力でブレーキをかける必要があります。ブレーキをオンのままにしないでください。ブレーキをオンのままにしていつも走行していると、ホイールが故障する可能性があります。

特に非常に暑い日に長い直線下り坂では、ブレーキが熱くなり、ブレーキ力が低下するため、熱を冷やすために1〜2回休むのが良いでしょう。良いホイールを溶かしたり燃やす理由はありません。ここは注意してください。

気を付ければ40度の暑い日でも問題ありません。実際、80KPH以上で頻繁に下がっても問題ありませんでした。

・山道の下り坂について

通常、山道はカーブが多いので、ラインを選んでハードブレーキイン&ペダルアウトをします。ペダルが地面にぶつからないように、ボトムブラケットの高さに注意してください。通常、ペダルは下り坂でフラットに保たれますが、インサイドペダルをやや高くすると急なカーブでも安全です。

プロジェクト167カーボンホイール用にマウントする場合

ブレーキシューは通常、ブレーキ面の中央にマウントしますが、カーボンクリンチャーホイールは中心から1mm下げることをお勧めします。クリンチャーのサイドカーボンが薄いため、伝熱性が悪いからです。

雨の日には、Project 167カーボンホイールのパフォーマンスは優れています。

ブレーキ技術の一例として、

カーブの手前40〜60mでブレーキを軽くタッチして、雨水を除去します。これはブレーキテストです。ブレーキをかけてブレーキの有効性をテストし、コーナーでのブレーキの有効性を確認します。

箱根は気温4℃の寒い夜でも大雨でも走って問題ありません。

・運転前にブレーキシューの位置を確認する

ブレーキ機構はセンターピボットで、ブレーキパッドを磨耗したまま放置しておくとブレーキシュー(パッド)が薄くなっていきブレーキ位置が上がるので、乗る前に頻繁にパッドが正しい位置にあることを確認してください。調整することをお勧めします。

-長距離を走った後、毎週トレーニング後のパッドの状態を確認してください。

パッドに石などのほこりがある場合、或いはリムブレーキ面にパッドの極細い素材がついていると、ブレーキトラック(リムブレーキ面)が破損する原因となります。

アルコールを染ませた布等を使って綺麗に取り除いてください。それでも取れない場合は、平らな面にサンドペーパーを使用し、ブレーキパッドをできるだけ水平に保ちながら慎重に前後に擦ります。

これがカーボンホイールを長持ちさせる秘訣でもあります。