シクロ, チームIMEZI

2023CX National championship #cxnats

Event Name and Date: 2023CX National championship

result 37th/50riders

WEATHER AND COURSE CONDITION

Course condition :Dry×Sand

Equipment ↓

bike Canyon Inflite M

gearing SRAM rival1  ギア比(42t×11−36t)

wheels Astuto EV36 /Astuto Dominator(Selected)

tires IRC Serac CXedge 32c + imeziシーラント+  /Dugast small bird

tire pressur F1.6/ R 1.7bar

__

reports👇

 

玉座が空位になるこの日.

どんな形であれ,この日のためにポイントを積み重ねた59人のランキングから50人がスタートラインに立つ.

 

僕は22番.自分で積んだ金だが,あってはならない番手だろう

正直,日本一を決めるレースをした10人以外に,スタート位置に泣いた選手もいたはず.

 

 

国内では片手で数えられるであろう広大な砂丘を活かしたコースは,ある種日本離れしているような錯覚してしまう.

レース結果に不思議な負けは無い.

絶好なスタート位置にもかかわらず,一周目のピット前でストップ.すぐに降車して走るべきだったのに,足をついてケンケン式で進んでしまいずるずる遅れる.

そこからは我慢.砂の攻略法はパワーが必要ないラインを選択し,そこに通すこと,もしくはパワー消費してでも空を舞う砂と共に進むこと.

 

事前準備でラインはできるだけ外さない,外れる場合は無理せず降車することを選択

いつも通りの練習不足でしんどくなってくる.息が上がるとラインを外す,しんどくなって前乗りになるとバイクはいうことを聞かなくなる.

後退を続け,最後はそうの前でひっくり返ったのちに80%cutout

 

 

戴冠したのは,まさしく王者たるシーズンを見せつけた織田聖選手.

贅沢言わないので,いつか誰かが王者になるその瞬間に,コーステープの中にいたいと思うのであった.

 

今季もサポートありがとうございました.

imeziのメディアとの付き合い方は今シーズンの検討事案ですね.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.