グランフォンド妙高2020, チームIMEZI

gf myoko imezi tech

Andy Wood, Tomoki NoguchiとTomoyasu Tazakiが新潟にグランフォンド妙高2020のトレーニングをします。

「myoko tech」

3 different riders lined up for Team IMEZI at Gran Fondo Myoko:
グランフォンド妙高のチームIMEZIには3人のライダータイプが並びました:
・A, a lightweight climber (TZK)
・B, a MTB / CX skillful rider(TNG)
・C, a TT / roller(ANDY)

Our mission was to take the three segments on the course
私たちのミッションは、コースの3つのセグメントを取ることでした

steel, aluminium, carbon

The bikes were different for each rider:
バイクはライダーごとに違いました:
・A, steel TOYO CX
・B, carbon CANNONDALE CX
・C, aluminium COLNAGO CX

imeZiのグラベル用ホイール167・GRVディスクブレーキホイールは700cと650bがあります。

700 vs. 650b size comparison

The 3 wheels:

A. rindo 650b

B. grv167 650b

C. grv167 700

All 3 riders were on IMEZI wheels to suit their riding style:
3人のライダーのライディングスタイルに合うようにIMEZIホイールx3タイプを使いました
・A, IMEZI rindo 650b
・B, IMEZI grv167 650b
・C, IMEZI grv 167 700

C. IRC Boken tubeless 700, 36mm

The tyres were also different for each rider:
タイヤもライダーごとに違いました
・A, SCHWALBE tubeless 650b, 40mm
・B, CONTINENTAL terra speed tubeless 650b, 40mm
・C, IRC boken tubeless 700, 36mm

skillfull riders go lower, 1.8 bar for TNG

Each rider selected a specific tyre pressure based on their weight, their experience and the demands of the 3 offroad segments
3人のライダーは、体重、経験、3つのオフロードセグメントのコンディションを考えて
タイヤプレッシャーを考えました:
・A, front 2 bar / rear 2 bar
・B, front 1.8 bar / rear 1.8 bar
・C, front 2.2 bar / rear 2.4 bar

120ml for each tyre

Each rider went with the tried and tested sealant:
3人のライダーは、今までと同じようタイヤにシーラントを入りました:
・IMEZI sealant fibre type 120mm

burning up the gravel, gf myoko imezi tech

>>>So how did the wheels and tyres perform?
>>>では、ホイールとタイヤのパフォーマンスは?

Sector 1, 13km gravel

Sector 1 is where we knew we could make the most difference. 100% gravel. 3:22 faster than 4th place riding a road bike with gravel king tyres.
セクター1はチームで
一番タイムをゲットするチャンスだと思いました
100%グラベルで
4位のグラベルキングタイヤとロードバイクを使っている選手より
3:22速い

Sector 2, 9.5km gravel, 6.8km on road hill climb

Sector 2 is where I thought we may lose time. The 2nd half of the sector was an on road hillclimb. Touch and go, 20 seconds on the 4th place finisher
セクター2の後半はオンロードヒルクライムだったから
チームでタイムロスになるかなと思いました
タッチアンドゴーで、4位より20秒速い

Sector 3, 6km gravel climb, 2km gravel descent, rolling on road

Sector 3 was also half gravel / half on road, but the steep loose gravel climb would make our set up advantageous. 6 minutes on the fourth placed finisher.
セクター3も前半オフロード / 後半オンロードでした
でも前半は急な緩いグラベル登りで
チームでタイムゲットのチャンス
4位のフィニッシャーより6分速い

a triple KOM at the end of Sector 1

>>>So how will the wheels and tyres perform next year?
>>>では、来年のホイールとタイヤのパフォーマンスはどうなるのでしょうか?

Maybe next year’s race will be a 160km race from start to finish?
来年のレースはスタートからフィニッシュまで160kmのレースになるのかな?

a gauge is essential for mixed terrain riding

In this case we will have to adjust our gf myoko imezi tech :
その場合、「myoko tech」がまた変わります:

・higher tyre pressure? higher all the way or adjusting pressure on the go
・slicker tyres? I think the IRC are good for both offroad and onroad
・IMEZI 700 wheels? larger wheels are likely faster over a long endurance event
・タイヤプレッシャーがもっと高い? ずっと高いか、走りながら調整するか?
・スリックータイヤ? IRCはオフロードとオンロードのも良い感じです
・IMEZI700ホイール? 大きなホイールは、長いイベントでもっと速くなるかなと思っています

back on top, first race, first win

>>>cyclocross
>>>シクロクロス

in the meantime we turn our attention to cyclocross
wheel, tyre and pressure choice are even more important for cyclocross
これからTeam IMEZIがシクロクロスにロックオンします
シクロクロスではグラベルより
ホイール、タイヤ、タイヤプレイヤーのチョイスは大事だと思います

imeZiカーボンRINDOホイールは東レカーボンを使用。 フィニッシュは、特別な極上のツイルで、本物のSapimスポークです。 世界一!

wheels, wheels, wheels

watch this space for continued information on the evolution of team IMEZI!
リザルトとレースレポートはここで書きますので
アップするまでに
楽しんで待ってください!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.